【兎の助プレゼンツ】三重交通バスでお出かけしてみませんか?

2021.3.12

三重県応援キャラクター 兎の助(うさのすけ)

三重交通について

三重交通株式会社(以下「三重交通」)は、三重県内を中心に地域の公共交通である路線バスや貸切バスを運行しているバス会社です。

三重交通のバス(写真提供:三重交通株式会社)

さらには、名古屋・東京・大阪・京都への都市間高速バスや、愛知県の中部国際空港セントレア行きのリムジンバスを運行しています。
三重交通では、さまざまな路線バスや高速バス、周遊バスなどを運行していますが、特徴あるバス路線のいくつかをここでご紹介します。

乗合バスの魅力 神都バス・電気バス

明治三十六年に全国で七番目の電気鉄道として伊勢市内で開業した路面電車「神都線」を、路面電車型バスとして生まれ変わらせた「神都バス」と、ポケモン(※)のイラストをラッピングした環境に優しい「ポケモン電気バス」をそれぞれ運行しています。

※[権利表記]©2020 Pokémon. ©1995-2020 Nintendo/Creatures Inc. /GAME FREAK inc.

神都バスとポケモン電気バスのどちらも、伊勢神宮のお膝元である三重県伊勢市内を運行していますので、2つのバスを探してみてください。

神都バス(写真提供:三重交通株式会社) 神都バスのホームページへ
ポケモン電気バス(写真提供:三重交通株式会社) ポケモン電気バスのホームページへ

乗合バスの魅力 連節バス「神都LINER」

伊勢神宮の外宮前と内宮前の間で連節バス「神都LINER」(しんとライナー)を運行しています。
全長約18m、定員113名のノンステップバスで、定員が通常バスの約1.6倍と一度に、たくさんの人が乗ることができます。
愛称は伊勢神宮お膝元のまちを連想させる“神都”と、急行便を“ライナー”と表現し組み合わせました。
デザインは神宮の森や神聖さ、五十鈴川の流れをイメージしています。

連節バス「神都LINER」(写真提供:三重交通株式会社)

乗合バスの魅力 外宮内宮線(早朝便)

毎月1日と土日祝日の早朝に、伊勢神宮外宮前と伊勢神宮内宮前の間を運行しています。
早朝便を利用し、伊勢神宮を早朝参拝してみてはいかがでしょうか。
普段味わうことのできない伊勢神宮を感じられます。
【伊勢 外宮内宮線】早朝便チラシのホームページへ

周遊バスの魅力 伊勢二見鳥羽周遊バスCANばす、参宮バス

伊勢・鳥羽の観光スポットをまわる周遊バス「CANばす」。
伊勢鳥羽観光なら訪れたい!そんなスポットを中心に運行しています。
また、近畿日本鉄道(近鉄)の五十鈴川駅前から伊勢志摩スカイラインを駆け、朝熊山頂にある金剛證寺を結ぶ「参宮バス」(スカイラインルート)。
伊勢神宮だけではもったいない!伊勢市の名所を散りばめ“伊勢らしさ”をデザインしたラッピングバスです。
「CANばす」、「参宮バス」に乗って、伊勢・鳥羽の魅力をさらに発見してください。

伊勢二見鳥羽周遊バスCANばす(写真提供:三重交通株式会社)
伊勢二見鳥羽周遊バスCANばすのホームページへ
参宮バス(写真提供:三重交通株式会社) 参宮バスのホームページへ

乗合バスの魅力 松阪熊野線(熊野古道ライン)

三重県中部の松阪市と、三重県南部の東紀州を結ぶ路線バス、運行距離が本州第2位の路線バスです。
車両にはWi-FiやUSB給電ポートが付いています。
世界遺産である熊野古道へのお出かけなど、観光ルートとしても楽しめる路線です。
松阪熊野線(熊野古道ライン)のホームページへ

松阪熊野線(熊野古道ライン)(写真提供:三重交通株式会社)
松阪熊野線(熊野古道ライン)のホームページへ

映画「浅田家!」のロケ地巡り

映画「浅田家!」で、主人公の写真家「浅田政志」氏の故郷である三重県津市もロケ地となりました。
三重県津市のロケ地巡りは、路線バスでの移動が便利です。
バスマップを持って、物語の始まりとなった三重県津市の街を、映画シーンを振り返りながら散策してみてください。
映画「浅田家!」のロケ地を巡ろう!!のホームページへ

お得情報・便利情報

三重交通バスで利用できるお得な乗車券、便利なシステムなどの情報を紹介します。

伊勢鳥羽みちくさきっぷ

伊勢・鳥羽の指定区間内を何度でも乗降できるフリーパスです。
1DAY おとな1,200円 こども600円、2DAYS おとな1,800円 こども900円です。
また、志摩地区の三重交通バス路線が利用できるほか、鳥羽市営バス・南伊勢町営バスも全線が乗り放題な、みちくさきっぷワイドも発売しています。
伊勢志摩観光にとても便利でお得なきっぷです。
その他にも、たくさんのお得な乗車券があります。
お得な乗車券のホームページへ

三重交通ICカード「エミカ」

“エミカ”は、三重交通グループ4社(三重交通、三交伊勢志摩交通、三重急行自動車、八風バス)のバスで利用できるICカードです。
バスの乗車時と降車時にタッチするだけ!
小銭がいらないためお支払いがカンタン。
カード残額が少なくなったら、バス車内やきっぷうりばでチャージ(入金)してくり返し使える便利なカードです。
また、IC定期券としてもご利用いただけます。
発売額は、2,000円(うちデポジット500円)です。バス車内、窓口にてお買い求めください。
なお、三重交通グループの4社では、全国の交通系ICカードをご利用いただけます。

(画像提供:三重交通株式会社)
三重交通ICカードシステムエミカのホームページへ

三重交通バスロケーションシステム

三重交通バスロケーションシステム「Bus-Vision」は、お手持ちのスマートフォン・パソコン・携帯電話から、簡単にバスの現在位置を検索できます。
他にもバスの車両タイプがわかり、お年寄りや身体の不自由な人にも安心してご利用できます。
現在は、桑名・四日市・亀山・鈴鹿・津・松阪・伊勢・伊賀・名張で導入していますのでぜひご利用ください。
三重交通バスロケーションシステムのホームページへ

(掲載情報は、すべて2021年1月時点のものです)

<関係するホームページへのリンク>
三重の交通機関の魅力「三重交通」ホームページ
URL:https://www.pref.mie.lg.jp/KOTSU/HP/m0009200175_00006.htm
三重交通株式会社ホームページ
URL:https://www.sanco.co.jp/