動物にも「おもてなし」を! ペットも安心の三重の旅?

2017.9.8

「つづきは三重で」市民記者

inu

【取材】きただまさき

伊勢神宮に伊勢志摩の絶景、世界遺産熊野古道など魅力的な観光地が点在する三重県。
最近ではペットと一緒に旅する方も増えてきているようです。
そんな愛犬との旅を10倍楽しくする、三重のおもてなしを調査してみました。

 

ーーードッグランのあるサービスエリア「安濃サービスエリア」

ano01

三重県津市に位置する伊勢自動車道路にある安濃サービスエリアには、下り(伊勢・志摩方面)にドッグランが設置されています。小・中型犬専用と、大型犬も利用可能なフリースペースに仕切られた広いドッグランは、自動車での移動に退屈してきた愛犬にはうれしい運動スペース。犬専用の水飲み場に、なんと足洗いのためのシャワースペースまで完備された愛犬家にはうれしい施設となっています。フードコート近くにも、休憩可能なドッグテラスもあるので、ご昼食や休憩時に重宝します。
三重の旅の入り口で、愛犬へのおもてなしを体験ください!

anou03

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

ーーー知ってます?伊勢神宮にはペット預かりサービスがあるんです!

ise02

三重県を代表する観光地といえばもちろん伊勢神宮。三重の旅では外せない場所です。ただし、伊勢神宮の敷地内はペットNG。一緒に参拝はできませんが実は、伊勢神宮内宮・外宮ではペットの一時預かりサービスがあるんです。

外宮・内宮ともに、境内の入り口にある「衛士見張所(えしみはりしょ)」で預かっていただくことができるのです。外宮・内宮それぞれ10頭ほどの預かりスペースとなっており、予約での受付は行っていないため注意は必要です。あまり知られていないサービスですが、一緒にご参拝できないペットへのおもてなしですね。できれば事前に周辺のペットショップなどをご予約いただいたほうが確実です。

ちなみに受付時間は参拝の時間帯と一緒で、午前5時から午後5時(10月-12月)、午前5時から午後6時(1月-4月)、午前5時から午後7時(5月-8月)となっています。また、預かり中の散歩や食事のサービスはありませんので、参拝にかかる時間のみでの一時預かりとご理解ください。

is01

 

ーーー日本で唯一? ペットと一緒に歩ける世界遺産!

17430843_1322012284543553_1026099044_o

三重県の誇る世界遺産、熊野古道は世界でも数少ない道の世界遺産です。実はこの世界遺産、愛犬と一緒に歩くことができる数少ない世界遺産なんです。もちろんリードを着用することやトイレの始末など、愛犬家なら当然のルールに沿ってのお話ですが、基本的なルールを守っていただければ愛犬の立ち入りはOK。

17373190_1322058117872303_831118933_o

17410081_1322064631204985_869537440_n

世界遺産の石畳の上で愛犬と記念写真なんてことも可能です。
ラブラドールレトリバーのアランくん(8歳・オス)は、熊野古道最大の難所言といわれる八鬼山峠に挑戦。片道約2時間の散策に挑戦しました。人も犬も、熊野古道の癒しの空間にリラックスしてお散歩を楽しみました。
最初から最後まで愛犬と一緒に、さらに一緒に歩くことができる世界遺産はほとんどなく、そんな貴重な体験ができる三重県は、愛犬にとってもやさしい県だと思うわけです。

県内にはペットと一緒に宿泊できる施設や、ドッグランもたくさんあり、三重県を訪れる際にはぜひ、ペットと一緒に訪れていただき「おもてなし」を楽しんでいただきたいと思います。

関連情報