実はそれ、「詩歩の絶景トリップ」なんです!

2016.6.3

「つづきは三重で」編集者

英虞湾と鬼ケ城

これ、つい最近更新した自分の名刺の裏デザイン。

”三重の絶景 ~まだ見ぬ絶景と出会える場所~”のフレーズに、英虞湾(志摩市)と鬼ケ城(熊野市)の画像。
そして、「試歩の絶景トリップ」で検索?

実はこれ、ベストセラー「死ぬまでに行きたい!世界の絶景」シリーズ著者の詩歩さんが、まだ見ぬ「絶景」を探し出すWebプロジェクト「詩歩の絶景トリップ photo & story by 四方花林」の中で紹介されている三重県の「絶景」なんです。
「詩歩の絶景トリップ photo & story by 四方花林 -三重県編-」
http://zekkeitrip.com/

このページは、実際に詩歩さんがその足で歩き、見つけた「三重の絶景」のガイドページと、フォトグラファー・四方花林(しかたかりん)さんの独特な色彩感覚で表現されたアーティスティックなフォト・ストーリーページで構成されています。

また、同ページには、訪日外国人観光客向けWebメディア「MATCHA(マッチャ)」の三重県ページが多言語で紹介されています。
(現在、「英虞湾」や「なばなの里」の絶景イルミネーション、「伊勢神宮」などが紹介されています。)
http://mcha.jp/mie/

「ミエタカラ」の撮影でも、関係者全員に「絶対にまた来たい!」と言わしめた、三重のさまざまな「絶景」を満喫してください。
そして、ぜひ三重にいらっしゃってください!