三重県の実は…海も山も、星空も!アウトドア天国

2018.7.13

おでかけ情報はおまかせ 内山真紀

150506_226小

 

雄大な海や山、川など豊かな自然に恵まれた三重県は、実はアウトドア天国だってこと、知っていましたか? 三重県では、自然体験の聖地をめざそうと、2016年2月に「三重まるごと自然体験構想」を策定。自然体験の促進に取り組んでいます。そこで今回、自然豊かなフィールドだからできる“ここだけの体験”を、ライター・内山真紀が取材してきました!※記事中の価格は税込み。

清流・宮川や熊野古道など、奥伊勢の自然を遊びつくす「Verde大台ツーリズム」

世界遺産の熊野参詣道や、伊勢神宮と歴史的なゆかりが深く、ユネスコエコパークにも認定されている奥伊勢。その魅力を発信するために、アウトドアプログラムなどを提供する会社の一つが、「Verde大台ツーリズム」です。
IMG_9973代表の野田綾子(のだ あやこ)さんに、三重のアウトドアレジャーについて聞きました。

◇「Verde大台ツーリズム」を設立したきっかけを教えてください
野田さん「初めて大台町を訪れたとき、名古屋・大阪から車で150分も走れば、こんなにも豊かな自然に触れ合うことができることに驚きました。すぐに気に入り、結婚を機に探していた移住先にこの地を選んだんです。元々、体を動かすことが好きだった私にとって、奥伊勢には自然の遊び場がたくさん。いろんなアウトドアを楽しみました。次第に、海も山も川もある奥伊勢ならではのフィールドの魅力を、もっとたくさんの人に知ってもらいたいと思うように。そこで、“アウトドア”をキーワードに人を集めたいと考え、Verde(ベルデ)を立ち上げました」

◇どんなアウトドアが体験できますか?
野田さん「日本一の清流といわれる宮川では、流行のSUP(サップ)やカヤック、熊野古道ではトレッキング、日本三大峡谷の一つに数えられ、原生林が多く残る大杉谷では登山…。初心者から上級者までレベルに合わせて、さまざまな体験ができます。アウトドアのテーマパークのような場所です」

◇「日本版DMO」を目指し、現在、候補法人として登録されていると聞きました。それに向けての取り組みを教えてください
※「日本版DMO」=観光地域づくりの舵取りを担う法人のこと。詳細は環境庁のHPで。
http://www.mlit.go.jp/kankocho/page04_000053.html

野田さん「主に大台町DMO推進協議会と連携し、アウトドアを中心とした奥伊勢の魅力を発信しています。また、伊勢や熊野、松阪などの周辺地域とセットで、アウトドアだけでなくグルメや観光スポットなども盛り込んだ、オリジナルのツアーを企画しています」

◇今後の予定は?
野田さん「地元の民泊などの施設とも協力しながら、より地域に密着したプログラムを仕掛けていきたいと考えています。『また遊びに来たい』そう思ってもらうのが、私たちの役割ですから。海外にもアプローチをし、外国人観光客の増加にも力を入れていく予定です」

さっそく、私もSUPを体験。SUPとは「スタンド・アップ・パドルボード」のこと。浮力が強く安定感のある空気式ボードに立ち、パドルでこぎ出す水上アクティビティです。初心者でも十分に楽しめるということで、チャレンジ!
IMG_9802まずは、ボードでの体勢やパドルの使い方のレクチャーを受けます。
IMG_9822いざ川へ…。少しグラつきながらも、ゆっくりと進みます。この日はあいにくの雨模様でしたが、雨でも楽しめるのが宮川の特徴の一つ。ダム湖なので、雨による川の流れの急変などがほとんどないそうです。天候をあまり気にせずに楽しめるのは魅力ですね。
IMG_9849少し慣れると立ち上がることができました。水面にフワフワと浮かんでいると、水上散歩をしているような気分です。雨音やカエルの鳴き声も聞こえて、とっても癒やされます。これは、雨の日にしか体験できないので、ちょっと得した気分に。

IMG_9866さらに進むと、支流が見えてきました。支流は木々に囲まれていて、秘密基地へ進むみたいでワクワクします。奥には滝も流れていて、自然の力強さが感じられます。

あっという間に体験の時間は終了。宮川は流れがとても穏やかなので、初心者でも自分のペースで進むことができるそう。バランスを取りながらのパドル操作は、集中力が必要でしたが、自然の中での遊びに夢中になることで、気分もリフレッシュ! 水面でユラユラと楽しむという、非日常の時間を楽しめました。

170326_339小▲ファミリーには幼児も一緒に楽しめるカヤックもおすすめですよ(提供=「Verde大台ツーリズム」)

0015小▲山を満喫できるトレッキングなど、さまざまな体験に挑戦できるのが大台町の魅力です(提供=「Verde大台ツーリズム」)

初心者から上級者まで、レベルに合わせたさまざまなプログラムがあります。アウトドアレジャーが好きな人はもちろん興味がなかった人も、きっと奥伊勢の魅力に惹きつけられますよ。

 

のんびり里山にふれる、農家民宿「大紀町日本一のふるさと村」

 

IMG_0055次に訪れたのは、古民家を改築した農家民宿「大紀町日本一のふるさと村」。自家菜園での農業体験やかまど炊きご飯体験などができます。

IMG_0149オーナーの瀬古悦生(せこ えつお)さん、由起子(ゆきこ)さんご夫妻に話を聞きました。

◇「大紀町日本一のふるさと村」をオープンしたきっかけを教えてください
悦生さん「子どもたちが自然の中でイキイキと過ごせる場所が欲しい、そして、私たちが高齢になっても住み慣れたこの地域で安心して暮らせる場所が欲しい。そう考えるようになったのがきっかけです。田舎のおじいちゃんやおばあちゃんの家みたいに、のんびりしながら自然と触れ合える農家民宿をつくろうと、2010年にオープンしました」

◇体験された方の反応はいかがですか?
由起子さん「〝田舎に帰ってきたみたい〟と、ゆっくりとくつろいでくれますね。近くにある藤川での川遊びや錦漁港での釣り体験、海水浴、祝詞川のホタル観賞など、大紀町周辺の自然も楽しみにしてくれています。早朝にはカブトムシを捕りに行くなど、里山ならではの遊びにみんな夢中ですよ。車椅子の方もバリアフリーなので喜ばれています」
IMG_0169自家菜園で野菜の収穫体験も。
畑にはえんどう豆やキュウリ、カボチャ、玉ネギ、トマト、ブルーベリー、いちじくなどたくさんの野菜が栽培されています。
DSCN0364▲イチゴやトウモロコシなど、収穫したばかりの野菜をその場で食べることも!(提供=大紀町日本一のふるさと村)
IMG_0039収穫後は、かまど炊きご飯に挑戦。お米は自家栽培のコシヒカリだそうです。かまどにくべる薪割りからはじまり、瀬古さんに教えてもらいながら火加減を調整します。炊き上がるまで約40分、この間に、お客さんといろいろな話をするそうです。スイッチを押せば炊ける炊飯器とは違い、火を見ながら、ご飯が炊き上がる音をBGMに、ゆっくりと待つ時間もいいものです。
IMG_0128炊き上がったご飯は、自家製梅干しやサケフレークなどの具を入れておにぎりに。家族みんなでつくると、よりいっそうおいしいですね!

IMG_01432日前までに予約をすると、旬の野菜をたっぷり使った「釜戸ごはんのおにぎりランチ」(1,620円~)も用意してくれます。

IMG_0097こちらは、三重県産の小麦で、卵やバターは使用せずにつくった自家製パンを使った「釜戸炊きごはんパンランチ」(1,620円~)。かまど炊きごはんを生地に入れることで、もっちりとした食感に仕上がっています。こちらも2日前までに予約を。

ほかにも、周辺の自然を満喫できる体験がたくさん。

DSCN0374▲水がきれいな川では魚釣りや川遊びができます(提供=大紀町日本一のふるさと村)
DSC02528▲子どもたちに大人気の流しそうめん(提供=大紀町日本一のふるさと村)

「大紀町日本一のふるさと村」で体験できることは、熊野古道散策や海水浴、魚釣り、サイクリング、カヤック川下り、裏山登山、ハイキングなどのアウトドアのほか、パンづくり、餅つき、豆を石臼(いしうす)でひいて、きな粉からつくるげんこつ飴づくりなど、バラエティー豊か。事前にやりたいことをヒアリングし、オリジナルプログラムを組み立ててくれるのもうれしいですね。

そのほか、三重県の自然・暮らしを満喫できるアウトドア施設をリサーチしてみました。

 

ホンモノの海&山の暮らしを体験できる「南伊勢体験ワールド」

伊勢志摩国立公園の南に位置する南伊勢町は、美しいリアス海岸が入り組み、穏やかな海と山の暮らしが共存しているエリア。「南伊勢体験ワールド」では、この南伊勢町で暮らし、働いている人々の普段の生活や、歴史、風土に根差したリアルな体験ができるのが大きな魅力です。
よくばり漁業 (2)▲海では地元漁師がいつも乗っている漁船で漁場へ行ったり、養殖魚にエサやりをしたり─。漁師さんの働く姿を見ることができる貴重な体験に(提供=南伊勢体験ワールド)

みかん狩り4小▲山ではミカン狩りやミカン畑の手入れを体験できます。ほかにも田植え体験など、農業を身近に感じられるプログラムがいっぱい(提供=南伊勢体験ワールド)
555小▲五ヶ所湾の穏やかな海で体験できるシーカヤック。海面と同じ高さで見る景色は格別! シュノーケリング教室やクルージング体験も(提供=南伊勢体験ワールド)

 

波の音を聞きながら天の川を観測「志摩オートキャンプ場」

キャンプ①

▲キャンプ初心者や小さな子連れのファミリーに人気の「志摩オートキャンプ場」(提供=志摩オートキャンプ場)

テントをはじめとした道具のレンタルや設営・撤収サービスなど、気軽にキャンプを楽しめると人気のキャンプ場です。海水浴や磯観察、シーカヤック、魚釣りなど夏のアクティビティはもちろんですが、実は浜辺から見る星空もとっても素晴らしいんです。

あづり浜星空②▲キャンプ場から歩いてすぐのあづり浜。昼は海水浴が、夜は街灯などの明かりに邪魔されることなく、南の空を中心に星空観測が楽しめます(提供=志摩オートキャンプ場)

潮風を感じ、波の音を聞きながら見る天の川は、ここでしか体験できない思い出。
星空ガイドブックや双眼鏡、リラックスチェアなどの「星空観測セット」(2,000円/泊)のレンタルも可能です。

星空観察会①▲星のソムリエ・宮本秀明さんによる星空観察会も開催(提供=志摩オートキャンプ場)
2018年の夏休み期間は、7/23(月)・7/30(月)・8/6(月)・8/20(月)・8/27(月)に開催予定。宿泊客は無料。宿泊していない場合は1人100円。

家族シャワー▲五右衛門風呂が付いた家族シャワーも人気。テントサイト以外にもロッジやバンガローなど、設備が整っているのでファミリーにおすすめです(提供=志摩オートキャンプ場)

海・山・川…とにかく豊かな自然に恵まれた三重県。新しいアクティビティだけでなく、地域の人たちの暮らしを知ることができる体験など、“ココだけの体験”がいっぱいです。夏休みには、家族みんなで自然を思い切り楽しんで、思い出をたくさんつくってはいかがでしょうか。

 

※「三重まるごと自然体験」もチェック
http://www.taiken.pref.mie.lg.jp/

海・山・川に囲まれた、紀伊半島のアウトフィールド「三重」。北勢、伊賀、中南勢、伊勢志摩、東紀州の5地域それぞれが誇る、豊かな自然を体感できるワクワクスポットを紹介しています。「アウトドア・レジャー」「農林業体験」「美容・健康」など、ジャンル別でも検索できるので、お目当ての“自然体験”が見つかりそう。

 

<今回紹介した施設はコチラ>
★Verde大台ツーリズム
住所:多気郡大台町下真手308
電話:080-4840-7315
受付時間:9:00~17:00
料金:初心者・ファミリー向け!SUP2時間レッスン/大人5,000円~ほか、プログラムによって異なる
http://verde-odai.co.jp/
★大紀町日本一のふるさと村
住所:度会郡大紀町金輪974-2
電話:0598-87-1500
受付時間:9:00~20:00
料金:日帰り(古民家利用 昼食付 団体のみ)/大人2,160円~、小学生1,575円~、幼児(3歳以上)1,080円~
宿泊(1日1組限定)素泊まり(釜戸炊きごはん・畑の野菜付)/大人5,400円、小学生3,240円、幼児(3歳以上)2,160円ほか、体験プログラムによって異なる
※宿泊の場合は要望があれば、夕食大人2,700円~、朝食大人1,080円~(食事は子ども・幼児料金あり)
http://nanaho.org/
★南伊勢体験ワールド
住所:度会郡南伊勢町五ケ所浦3917(町民文化会館1階)
電話:0599-66-2478
受付時間:9:00~17:00
料金:体験プログラムによって異なる
http://www.minami-ise.jp/taiken-world/index.html
★志摩オートキャンプ場
住所:志摩市志摩町越賀2279
電話:0599-85-6500
受付時間:10:00~18:00
料金:キャンプサイト/4,500円~ほか、レンタルや体験プログラム、設備利用によって異なる
www.azuri.jp

<関連記事>
つづきは大台町で
つづきは大紀町で
つづきは南伊勢町で
つづきは志摩市

■つづきは三重で 夏が終わっても、英虞(あご)湾で水遊び!
http://www.mie30.jp/play/5416