1日を元気に過ごせる絶品朝食! 三重県モーニング探訪

2019.4.5

以前の権限は「寄稿者」 グルメからエンタメまで 佐野 興平

三重の絶品モーニング

1日のエネルギーをチャージし、健康なカラダを維持するためにも大切だと、改めて注目されている「朝食(朝ご飯)」。朝食といえば、お隣の愛知県のモーニングが有名ですが、実は三重県にも秀逸な朝食メニューを提供するお店が揃っているんです。1日目は観光して宿泊、2日目は朝イチでスペシャルなモーニングを楽しんで、さらに遊ぶ! そんな三重旅を試してみませんか。※記事中の価格は税込み。

 

50種以上のドッグサンドがラインアップする「高虎(たかとら)ドッグ」

1_IMG_8291
こちらは、三重県津市。海の近くで、ヨットハーバーが目の前という場所にある「ドッグサンド専門店 高虎ドッグ」です。すぐそばには御殿場海水浴場もあり、夏は海水浴、それ以外のシーズンも美しい砂浜を訪れる観光客が多いそう。

2_IMG_8281
窓が大きく取られた店内は開放感抜群。ファミリーでも利用しやすい広々とした空間になっています。

3_IMG_8285
シックな雰囲気のスペースもあり。こちらはカップルにもよさそうですよね。

4_IMG_8299
入り口すぐのショーケースがこちら。朝食にぴったりのおいしそうなドッグサンドがズラリと並んでいます。

5_IMG_8302
野菜と卵、ソーセージ、魚介類も使った「お野菜系」のほか、フルーツやクリームがたっぷりの「スウィーツ系」、オーダーが入ってから作られる「お惣菜系」と、ドッグサンドは大きく3つのジャンルに分けられています。

6_IMG_8295
黒板には限定メニューの告知も。ずらりと並んだドッグサンドは、常時50種近くはあるそうで、何を食べようかと迷うのも、また楽しいですね。

7_IMG_8475
店長の田中裕介(たなか ゆうすけ・写真中央)さんをはじめ、明るいスタッフの接客も人気の秘密。お店についてのお話をお聞きしてみましょう。

◇こちらはいつごろオープンしたのでしょうか?
田中さん「2007年に津市羽所町にオープンし、2009年に現在の場所に移転してきました」

◇朝は何時から営業していますか?
田中さん「毎朝8時から営業しています。お店から見える朝日は、とにかくきれい! それを見ながらしっかりモーニングを食べてもらいたいと思っています」

土・日曜にはオープンから行列ができることもあるという人気を誇るこちら。早速、自慢のドッグサンドを作っていただきましょう!

8_IMG_8323
パンは毎朝店内で焼き上げています。「お野菜系」はスタッフがシルキーパンと呼ぶ、やわらかなソフト系パン、オーダー後に調理する「お惣菜系」には食べ応えのあるハード系、「スウィーツ系」には、卵、牛乳をたっぷり使ったブリオッシュを使用。

9_IMG_8402
すべてのドッグサンドは、ソースやドレッシングまでもが自家製。野菜も三重県産のものをメインに使うなど、パン以外の食材にもしっかりとこだわっています。

IMG_8363
こちらは、8:00〜11:00の間に食べられる「高虎モーニングセット」。ハーフサイズのドッグにセット用のドリンク、フルーツサラダが付きます。ドッグは「お野菜系」「スウィーツ系」からセレクト。単品で648円未満のドッグを選ぶと475円、648円以上のドッグを選ぶと583円になります。写真のドッグは、一番人気の「えびとアボカドのサラダドッグ」(単品702円)。ドッグはハーフサイズでも、ボリュームは満点です。

10_IMG_8440
もう一つのモーニングメニューが、お客さんの声から生まれたという「マリーナセット」。こちらもドッグは、「お野菜系」「スウィーツ系」からセレクト。ドッグ単品料金+194円で、ドリンク、フルーツサラダがセットになります。写真のドッグは、「スモークサーモンとモッツァレラチーズのドッグ」(単品842円)です。セットドリンクにホットコーヒーを選ぶとお代わり自由なのも、うれしいところです。

11_IMG_8469
▲テイクアウトの場合、一つずつの包装に

ほかにもランチメニューや終日オーダー可能なセットメニューも用意されているなど、いつ訪れてもこだわりのドッグサンドをしっかり楽しめるようになっています。

50種近くあるドッグサンドは、少しずつ数が増えてきたそうですが、田中店長によると新メニューを考えても「なかなかオーナーがOKを出してくれない」とのこと。厳しい審査を通過して提供されているメニューだからこそ、味はもちろん保証付き。おいしいドッグサンドを食べて、すてきな朝をスタートさせましょう。

 

絶品干物でしっかり朝ご飯を楽しめる「四日市ヒモノ食堂」

13_IMG_8536トリミング
続いてご紹介するのは、四日市市にある「四日市ヒモノ食堂」です。お店前の駐車場にたくさんのクルマが止まっていることからも、その人気ぶりが分かります。ナガシマスパーランド、湯の山温泉などの行き帰りに立ち寄るのもおすすめです。

14_IMG_8507
入り口には注文方法が分かりやすく貼り出してあるので、初めてでも大丈夫! では、早速朝ご飯をいただきましょう。

15_IMG_8527
見てください、ズラリと並んだこの干物。どれも大ぶりで見るからにおいしそう! まずはこの中から好きな干物を選びます。

16_IMG_8532
干物は500円から、毎日15種前後が並びます。アジやサバ、シマホッケなどは1年中楽しむことができます。持ち帰りもOKで、50円引きになります。

18_IMG_8553
干物を選んでスタッフに渡すと、番号の書いた札をもらえるので、席に座って待ちます。テーブルのほか、座敷席もあるので、ファミリーでも利用しやすいですね。

19_IMG_8635
調理や接客を担当する女性スタッフのアットホームな雰囲気も好印象。ここでは製造チームの浜口智紀(はまぐち としのり・写真右から2人目)課長にお話をお聞きしましょう。

◇いつから営業されているのですか?
浜口さん「2019年で創業84年になる干物加工会社が、34年前から運営しています。干物と自家製の旨(うま)だれは伊勢神宮にも奉納しているんですよ」

◇営業は何時からですか?
浜口さん「朝7時からです。トラック運転手の方がよくいらっしゃるんですが、夜に走って、朝ご飯を食べる場所として利用してくださる方が多いですね。今年は鈴鹿に2号店もオープンする予定です」

◇お客さんのメインはプロのドライバーの方ですか?
浜口さん「いえ、年齢、性別、職業問わず、たくさんの方に来ていただいています。平日はサラリーマンの方、土・日はファミリーや女性同士のお客さんも多いですね。休日の場合、日曜は1日中忙しいですが、土曜なら午前9時~11時頃が比較的空いてますよ」

◇干物はWebでも販売されてますよね?
浜口さん「ホームページからも購入していただけます。ただ、お店に来るとネットでは買えないものも並んでいるので、たくさん買って行かれる方も多いですね。土・日は売り切れることもあります」

干物加工会社の直営だから、ボリューム抜群の干物が安く食べられるんですね。では自慢の干物をいただいてみましょう!

20_IMG_8560
一番人気のシマホッケ定食です。こちらのシステムは干物+350円で小鉢、みそ汁、ご飯がセットになるというもの。シマホッケは600円なので、このセットで950円になります。小鉢は納豆や生卵、サラダなどが揃っています。

21_IMG_8568
干物は20分ほどかけて、じっくり焼き上げます。シマホッケの分厚い身は脂がのっていて、とってもジューシー。身離れがよく、食べやすいことも人気の理由です。ご飯がいくらでも進みそう!

22_IMG_8624
こちらは、しょうゆの蔵元と共同で開発したオリジナルの干物用旨だれ。かけて食べると、まろやかなうま味が加わって、絶品の味わいに。タレだけを売ってほしいというお客さんもいるそうですが、小売りはしていませんので、ぜひお店で味わってください。

23_IMG_8578
二番人気のサバは500円。浜口さんによると、今年のサバは脂がのっていて特におすすめとのこと。こんな大きなサイズで身もたっぷりなサバがワンコインで味わえるなんて、うれしいですね。ほかにも、オリジナル旨だれに漬け込んだ昆布サバや高級魚の金目鯛など、いろいろな魚が揃っていますよ。

干物はもちろん単品でも注文できるので、グループでいろいろと頼んで、魚ごとの味の違いを楽しんでいる人も多いそう。肉厚でボリュームのある干物が手頃な価格で楽しめる同店の味はプロドライバーのお墨付き。四日市市に立ち寄ったら、ぜひ朝ご飯に干物を試してみてください!

 

まだまだある! 三重県に行ったら食べたいご当地モーニング

その土地ならではの絶品モーニングメニューがいただけるお店はまだまだあります! ここでは、伊勢神宮の近くでほっこりいただける朝食、松阪牛を使った人気メニューが食べられるお手軽モーニング、この2つをご紹介しましょう。

■あそらの茶屋(伊勢市)
1_DSC5735_3673
▲木のぬくもりが感じられる落ち着いた雰囲気の店内

2_Img10021
▲「御饌の朝かゆ 鮑」2,000円。朝にぴったりの小皿が並びます

伊勢神宮外宮の参道の「伊勢せきや」2階にある「あそらの茶屋」で、毎朝7時30分から提供されるのが「御饌(みけ)の朝かゆ」。このかゆを求めて、朝からたくさんの人がこちらを訪れます。朝かゆは干物がつく基本の形のほか、写真の鮑や鯛、伊勢海老、サザエ付きもスタンバイ。お参り前、お参り後の朝食にぴったりの、体に優しいメニューです。

■松阪シティホテル レストラン キャリオカ(松阪市)
1_IMG_8945
▲JR・近鉄松阪駅からすぐ。開放的な店内で食事が可能

2_IMG_8970
▲日替り3品のメインプレートのほか、納豆や漬物、パン、フルーツなどが揃う

JR・近鉄松阪駅からすぐの場所にある「松阪シティホテル」3階の「レストラン キャリオカ」では、朝食のバイキングに松阪牛スジカレーが用意されています。たくさんの野菜が溶け込んだカレーには、赤ワインで煮込んだ松阪牛の牛スジが。宿泊していない人でも、650円で、この朝食バイキングがいただけるのがうれしいですね。松阪にお泊りの際にはぜひ!

(掲載情報は、すべて平成31年3月時点のものです。)

<今回紹介したお店はコチラ>
★ドッグサンド専門店 高虎ドッグ
住所:三重県津市柳山津興371-3
電話:059-229-1090
営業時間:8:00〜17:00 ※モーニングは8:00〜11:00
定休日:なし(元日除く)
★四日市ヒモノ食堂
住所:三重県四日市市富双町2-1-30
電話:059-365-3123
営業時間:7:00〜19:00(L.O.18:30)、土曜・日曜7:00〜20:00(L.O.19:30)
定休日:なし(お盆、年末年始除く)
http://www.himono-syokudo.com/tenpo/index.html
★あそらの茶屋
住所:三重県伊勢市本町13-7 伊勢せきや本店2階
電話:0596-65-6111
営業時間:7:30〜17:00、朝かゆ7:30〜10:00、 昼げ11:30〜14:30
定休日:なし
http://sekiya.com/
※伊勢せきやホームページ
★松阪シティホテル レストラン キャリオカ
住所:三重県松阪市日野町729-1 松阪シティホテル3階
電話:0598-23-5151
営業時間:7:00〜14:30(L.O.14:00)※モーニングは7:00〜9:30
定休日:モーニングはなし、ランチは土・日曜、祝日休
https://www.greens.co.jp/mzch/

□関連記事
つづきは津市で

つづきは四日市市で

つづきは伊勢市で

つづきは松阪市で

つづきは三重で 「尾鷲港で発見!めったに食べられない三重の希少な魚介」
http://www.mie30.jp/eat/7314

つづきは三重で 「うまい鹿肉 “みえジビエ”が買える!食べられる!三重県内最大級の産直施設へGO」
http://www.mie30.jp/eat/7184

つづきは三重で 「地元のお母さん直伝!三重県の郷土料理レシピ」
http://www.mie30.jp/live/6933

つづきは三重で 「三重の新B級グルメ!? 東紀州のご当地“棒グルメ”に注目」
http://www.mie30.jp/eat/6690

つづきは三重で 「津市にはなぜ、安くておいしいうなぎ屋さんが多いのか?を調査&実食」
http://www.mie30.jp/eat/6480