実は三重みかんもスゴイんです!

2017.10.4

「つづきは三重で」市民記者

mikan09

【取材】きただまさき

三重県のみかんがスゴイ!

mikan09

海の幸、山の幸、食が豊かな三重県。「美し国」と称される三重県には、県を代表する様々な食材があります。伊勢海老や松阪牛、桑名のハマグリなどなど。
そんな豊かな食材の中、実は三重県はみかんもスゴイんですと声を大きくして言うことができるのではないかと思います。

 

 

ーーー三重県のみかんがスゴイ理由、その1

文化勲賞のデザインにも採用されている鳥羽市の木、ヤマトタチバナがスゴイ!

mikan01 mikan02

鳥羽市答志島の桃取地区、奈佐の浜付近に自生するヤマトタチバナ。お雛様の向かって左に置かれている花は実はこの橘の木なのです。日本書紀や古事記、万葉集にも記述のある由緒あ橘の木は、なんとたくさんある柑橘の中で“たった2種類”しかない日本原産の柑橘なのです。2種類あることが少し残念な感じですが、とにかく、環境省のレッドデータブックで絶滅機種に指定されている希少な柑橘が自生する三重県のみかんはスゴイと言えるのです。

 

ーーー三重県のみかんがスゴイ理由、その2

三重県熊野市でしか生産されない新種の柑橘類、新姫(にいひめ)がスゴイ!

mikan03 mikan04

1997年に種苗登録された新しい柑橘類「新姫」は、在来種のタチバナとマンダリンの交雑実生と推定される香酸柑橘の一つです。国内での収穫量は18トンほどですが…なんと、そのすべてが三重県熊野市で生産されているのです!この新姫、なにがスゴイかというと、健康機能成分がたっぷり含まれているのです。アトピー等の抗アレルギー作用や高血圧の抑制、コレステロール低下作用などの効果があるとされるヘスペリジンがたっぷり。シークワーサーより多いんですよ…と表現するとものすごくいいような気がしませんか?

ちなみに、理由その1でご紹介した“たった2種類”しかない日本原産の柑橘のもう一種類は、じつは沖縄のシークワーサーなのです。

熊野市ではこの新姫を使った商品開発が行われており、熊野を代表する特産品にもなっているのです。とにかく、日本で唯一の新しい柑橘、新姫がある三重県のみかんはスゴイと言えるのです。

 

ーーー三重県のみかんがスゴイ理由、その3

年中みかんのとれる町、御浜町がスゴイ!

mikan05

みかんと言えばやはり連想するのは「コタツにみかん」。そう、みかんの季節と言えば大体の方は冬をイメージするのではないでしょうか?

ところが…、気候が温暖な三重県、とりわけ東紀州では多種多様な柑橘類が栽培されており、年間を通じてさまざまなみかんが採れるのです!これってすごいじゃないですか。そんな一年中みかんが獲れる町を検証するために、御浜町にある「御浜柑橘」を訪ねてみました。

御浜柑橘は近隣のみかん農家さんと連携しこだわりのみかんを販売、加工品の製造・販売を行う、いわば「スーパーみかん農家」さんです。工場の中はまさにみかん、ミカン、蜜柑。そんな工場のなかでひときわ目を引く作業がこちら。

17430966_1322012321210216_1185898944_o

なんと光センサーを利用し、みかんの糖度・酸度を測定し選別を行っているのです。みかん箱に詰めるみかんを、大きさでそろえるだけではなく、なんと味まで一定の基準でそろえられているのです!

17408224_1322012331210215_1622293322_o

「一箱のみかんの中から食べていただくみかんは一つ。甘いのもあれば、酸っぱいのもある…では、酸っぱいみかんがあたった方は、御浜のみかんは酸っぱいと思ってしまうんです。だから、誰がどのみかんを食べても美味しい。そんなみかんを販売したいんです」

 

御浜柑橘さんではこの光センサーの技術を活用してさまざまな商品の開発も行われています。ジャムやジュースなどさまざまな上品の中で特にすごいのがみかんジュース。無添加・濃縮還元ではない100%ストレートのみかんジュースを糖度・酸味で選んで製造すると…、なんと甘味で種類分けされたみかんジュースになるのです。「めちゃ甘」と表記される生絞りジュースは、糖度11.5度以上の早生温州みかんを使用した逸品。

 

「実は、これよりスゴイのあるんですよ。販売するとすぐ売り切れるので、あるかな?」

そういいながら工場内の保存庫から持ってきていただいたのがこちら。

17431406_1322012367876878_1016188193_o
▲三重御浜生しぼり。まさに幻。

「幻(まぼろし)」のステッカーが貼られたみかんジュース。通常のみかんジュースよりも濃厚で甘さを感じることのできる「めちゃ甘」よりもさらに上、まさに幻のみかんジュース。一本しか残っていなかったため試飲はできませんでしたが…もう、想像するだけで充分な幻感。運が良ければ直売所で購入できるかもしれない逸品中の逸品です。

 

 

いかがでしょうか?三重県とみかんの深い深いつながり。
以上3点が三重県はみかんもスゴイ県と言える理由ですが、まだまだ三重県にあるスゴイものもありそうな気もします。三重県のスゴイ何かを探してみるのも、三重県の新しい楽しみ方かもしてませんね。