中南勢エリア

明和町

日本遺産のまち明和町

明和町は、東西約6km南北約11kmで、面積41.04k㎡の町域を有し三重県のほぼ中央部に位置します。
かつて、伊勢神宮の天照大神に仕えた特別な皇族女性「斎王」が暮らした地であり、文化庁の「日本遺産」に「祈る皇女斎王のみやこ斎宮」として認定された「日本遺産のまち」です。
また、なだらかな伊勢平野にあり、魚介の豊富な伊勢湾に面していることから、古くから農業と漁業が盛んなまちでもあります。

画像:さいくう平安の杜

●人口:22,586人(平成27年10月1日現在)

公式ウェブサイト

 

イチオシ情報

日本遺産「祈る皇女斎王のみやこ 斎宮」

文化庁が創設した「日本遺産」に明和町の「祈る皇女斎王のみやこ 斎宮」が平成27年4月24日に認定されました。
斎王―それは、およそ660年という長きに亘り、国の平安と繁栄のため、都を離れ、伊勢神宮の天照大神に仕えた特別な皇族女性のこと。そんな斎王が暮らした地、斎宮。伊勢神宮でもなく都でもない。慎ましやかであり雅やか。斎宮という独特で特別な世界は日本で唯一明和町だけです。

「祈る皇女斎王のみやこ 斎宮」紹介ページ

斎宮歴史博物館ホームページ

いつきのみや歴史体験館ホームページ

 

斎王郡行

 

ふるさと納税

明和町ふるさと寄附(ふるさと納税)紹介ページ

 

PR動画

日本遺産「祈る皇女斎王のみやこ 斎宮」 PV(ロングバージョン)

三重県明和町の日本遺産「祈る皇女斎王のみやこ 斎宮」のプロモーションビデオです。斎王はじめ3人の女性たちが案内する日本遺産の魅力満載の映像はもちろん、明和町出身の作曲家で観光大使の長岡成貢さん作曲の音楽がとても素敵です。ぜひ、みなさんで視聴してみてください♪

 

PR キャラクター

関連記事