北勢エリア

川越町

笑顔あふれる元気な町 かわごえ

県北部にある、面積8.73平方キロメートル、人口約15,000人とコンパクトな町でありながら、伊勢湾岸自動車道をはじめ、国道1号、国道23号、近鉄名古屋線など、東海エリアや関西エリアへの交通条件も良く、非常に利便性の高い町です。

画像:川越電力館「テラ46」
46億年歩んできた地域と人の共生を、見て、触れて、実感し、遊びながら、わかりやすく伝えるテーマパーク仕立ての電力館

●人口:14,752人(平成27年10月1日現在)

公式ウェブサイト

 

イチオシ情報

2030年笑顔あふれる元気なまちづくりプロジェクト

平成27年度に策定した人口ビジョンによりますと、川越町の人口は2045年をピークに人口減少が予想され、その過程である2030年からは、人口増加が鈍化する予想をしています。10年先、20年先も元気な川越町であるためのプロジェクトを展開していきます。

●まちの魅力を高める
若い世代で、川越町の魅力、特色を伸ばす施策を検討し、住民からの事業提案等につなげ、施策に反映させます。特に「子育てしやすいまち」のイメージを確立するための新たな子育て支援事業を検討・実施します。
住みたい、住み続けたいまちと感じる当町の魅力を、PR 映像、パンフレット等により、町内外の若い世代に発信します。
●まちに人を集める
まちに人を集めるイベント等を検討、企画、開催し、町内外の物産品の販売などを通じて、町内外からも人を呼ぶ新たな事業を実施します。
●まちの産業力を高める
商工会や町内企業と連携し、町の魅力を発信する「Made in Kawagoe」ブランドを育成し、トップセールスをはじめとして、ふるさと納税制度などと連携し、町内企業の活性化につなげます。さらに、民間事業者主導による企業誘致を含めた土地の利活用を検討し、新たな産業、雇用創出につなげます。

これらのプロジェクトは川越町プロモーション協議会を核として、多方面から事業を検討、展開していきます。また、 若い世代のワークショップにより、当町が移住・定住のターゲットとしている同世代のニーズ、課題を把握するとともに、住民が考える解決策の事業化への取り組みを進めます。

2030年笑顔あふれる元気なまちづくりプロジェクト

川越町イメージ画像

 

ふるさと納税

川越町ふるさと納税(川越町ふるさと応援寄附)紹介ページ

 

関連記事